2010年02月08日

せけてしう はときいん

タイトルにピンと来た人、いるかなあ?

実は、この文章はエミュレーターを使って親指シフトで入力しています。

と、この2行を入力するのに、すごい時間がかかります。なんで今頃そんなことをしているかというと、この前一緒にご飯を食べた仕事仲間から、親指シフトで仕事してる社員さんはべらぼうにタイピングが速いと聞いて。

今のローマ字は長年使ってるだけあって、相当早く打てます。頭の中でいちいちローマ字に直してないし、打つ文字が無意識に指から出てくる感覚。特にここ2年テープ反訳を仕事にしてきたので、多分2年前よりも速くなってると思う。

残念ながら今の仕事は年度末までなので、今から覚えても、ローマ字ほど速くなるには間に合いそうにありません。今後また同じ仕事につける保証はないので、この練習は全く自己満足で終わるだけかも。

でもまあ、ちまたではハマコーさんが80歳でツイッターを始められてとんでもない人気者になっておられるし、この年で新しいことを始めるのも悪くないかもね(*´∇`*)
【関連する記事】
posted by Alice at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

システム手帳

binder私は忘れっぽい人間です。
それに加えて所属する場所が多いので、油断しているとすっぽかしやダブルブッキングの嵐が待っています。プロジェクトが同時進行したりすると、 1つに集中している間にあとの用事をすっかり脳内で初期化してしまうことも1度や2度ではないように思います。

そんな私の救い主がシステム手帳。ここ数年はノートタイプからバインダータイプに乗り換え、 リフィルはozprintで手作りしています(2/ 9小学校の教頭先生もシステム手帳にozprintの手作りリフィルを使っておられることが判明、先生のはレフト式でした)。 写真のものはレイメイのDavinci、今年になって買った物です。バイブルサイズ・リング径15mm。 試行錯誤してこのサイズにたどり着きました。

記入には4色を使い分けています(参考画像は追記をご覧下さい) 。こんな感じに見えます。
赤…家庭教師。SigNo bit 0.28mmを使用。
青…学校行事。HI-TEC-C 0.3mm(サファイアブルー)と同0.25mm (ブルーブラック)を使用。
緑…聖歌隊。HI-TEC-C 0.3mm(ハンターグリーン)を使用。
黒…上記以外の予定、合唱団の練習や教会の行事、夫の勤務予定など。SigNo 0.28mm(超極細)を使用。
この、予定を種類別に色分けする方法は、佐藤綾子さんの著書『自分育てのすすめ』(PHP文庫)で知りました。 自分にはとても合っていて重宝します。赤はくっきりした赤、青と緑はややダークがかったものが好みです。

ちなみにホルダーに差しているボールペンは三菱鉛筆のEXCEED 0.38mm。 買うときには全く意識していませんでしたが、偶然にも三菱鉛筆製でした(^^;)。

続きを読む
posted by Alice at 00:18| Comment(4) | TrackBack(3) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

PHANTASY STAR ONLINE EPISODE I&II Plus

PHANTASY STAR ONLINEセガ/ソニックチーム制作のオンライン対応ゲームソフト。
ゲームで師と仰ぐすねいく君からの推薦の辞を聞いて、ブルーが自分のお小遣いで買いました。GC版です。

最初は「ふーん、面白いの?」程度で、最大4人までが同時にプレイできるということから、 子どもたちに熱烈に勧められて始めました。

……ところが。

これが非常に面白く、親の方がはまってしまった始末。特に私、昼間家にいるのをいいことに、 ちょっと手が空いたら画面の前に座り込む(と立ち上がれなくなるので立ったままコントローラを操る)日が続きました。
おかげで家族の中では1番にLv80を超えました。

当初、毎週末のようにデータロストしたので、師匠がアイテムをいろいろ分けてくれました。 あのときの赤箱の嵐は今も忘れられません。ありがとう。

今や家族全員が自分のデータを持っています。メモリーカードが6枚必要かも、 と思う日々です。

醍醐味は、なんといっても簡単にオンラインゲームができること。FF11が出た頃、 自分は一生オンラインゲームはやらないだろうと思っていたのですがこの体たらく(^^;;;
ブロードバンドアダプタとキーボードコントローラをたちまち用意し、メモリーキングのデータを飛ばしてしまいました。

オフラインでも楽しめますが、一度オンラインでのチームプレイを体験してしまうと、 4分割の画面は小さいし、かといって2分割は足下が見えにくく却って見づらいし、大画面で一人は寂しいしという悪魔のような魅力です。

まだまだ長く楽しめる予感。

posted by Alice at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

uni-ball SigNo bit 0.18mm

シグノ ビット入手しました。 三菱鉛筆から出ている水性ゲルインクボールペン、キャップ式です。発売日にちょうどUsagiyaの近くへ仕事で行くことが判明したため、 事前に予約して購入しました。8色セット。

今回は、0.18mmというペン先の細さを実現するため、 従来のSigNoシリーズからペン先も新たに開発されたという話を聞きました。SigNoの書き味に惚れ込んでいたので、 とても期待していたのです……が。

ペン先が細すぎるためか、私の使っている紙が粗いためか (再生紙や学校のお知らせプリントを再利用)SigNoを使い始めて初めて、インクがかすれました。ちょっとショック!  コンディションのいい紙に、うんと小さい字を書くには適していると思いましたが、仕事中のメモや、 ノートへのなぐり書きにはもうちょっとペン先が太めのほうがいいと思います。後日、同じシリーズの0.28mm、0. 38mmの赤と黒をそれぞれ購入しましたが、そちらのほうが書き味は良かったです。新旧の0.28mmを比べたときの軍配、 個人的には旧モデルのほうが好きです。書き味とインクの濃さで。持った感じは新モデルもいいんですが。

軸の握り具合や、キャップを開け閉めする感触はとてもいいです。 時間をかけて使い倒したらまた見方が変わるかも知れないので、その都度ご報告します。

posted by Alice at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

ペツル ジプカ プラス

ペツル ジプカ プラス 先日紛失したかも?とご紹介した、ペツル ジプカの新モデル、 ペツルジプカ プラスです。ナチュラムから購入しました。

 旧型から変わった点は以下の通り。
・LEDの数が3つから4つに増えた
・スイッチがスライド式からプッシュ式になった
・点灯パターンが1種類から4種類になった
・クリアケースの下に突起部分がついた(理由は不明)

 さっそく指や手首、頭に巻いて家の中をうろうろしています(ってこれじゃ変な人だ)。 明るさは、1番明るいモード、おとなしめモード、省電力モード、点滅モードなんですが、1番明るいモードは本当に明るいです。 まともに見ると目がくらみます(よい子はマネしてはいけません)。旧型と比べて電球が1つ増えただけなのに、ずいぶん違うものです。

 それにしても、どうしてこんなに懐中電灯が好きなのか?
 1番古い「懐中電灯を買ってもらった記憶」は小学校低学年のときです。母の実家(熊本市内)に帰省していたとき、 実家近くのお店でペンライトを買ってもらいました。和風の家特有の暗がりの中で、黄色く光る明かりがなんともいえず好きでした。
 こどもおぢばがえりのおみやげでペンライトをもらったときも、嬉しくて持ち回っていました。

 お年頃になるとそれほど熱中しなくなりましたが、 岡山に引っ越してからは必需品となりました。街灯がないからです(T_T)。ゴミ出しや、車のキーを差すとき(キーレスではないので)、 ちょっと前には夜の散歩にと活躍しましたが、両手がフリーになるこのタイプは夜に灯油の補充をするときに1番重宝しているかもしれません。

 2ちゃんねるのスレッドを参考に色々な懐中電灯があることを知ったので、 レビューを読みながら少しずつ買い集めています。また少しずつご紹介する予定です。 家の中で蜘蛛を照らしたくなるライトは映画館で衝動買いしました。。。

続きを読む

2005年01月20日

uni-ball SigNo

signo0.28 三菱鉛筆から出ているボールペンです。キャップ式。

 このシリーズの秀逸なところは、インクの色と出具合が非常に安定していること。 黒は濃くもなく薄くもなく、実にきれいな黒です。出具合は本当に安定していて、かすれ・詰まりは全くありません。それだけでも 「好きなボールペンランキング」3位以内に連ねる理由になりますね。ベストワンと言い切れない理由は、軸の握り具合が私的には落ち着かないことと、紙の抵抗が少しあること、 キャップ式のため使うときノック式よりは手間がかかる、ぐらいでしょう。 先に書いた、PILOT HI-TEC-C KNOCK・Sの軸と書き味でインクのコンディションがコレだったら言うことありません。 おそらく理想の1本になるかと。

 気になる情報があります。今月27日に、このシリーズで1番細い、0. 18mmタイプのシグノ ビットが発売されるらしいです(ソースは三菱鉛筆のサイト)。シグノの品質には個人的に万全の信頼があるので、 書き味がどう変わるのか非常に興味があります。発売日に全色そろえたい気持ち。

posted by Alice at 16:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペツル ジプカ

 小型のヘッドランプです。ベルトが巻き取り式なので、 頭だろうが指だろうが手首だろうが自転車のハンドルだろうが、つける場所を選びません。

 電球はLEDで、省電力&壊れにくい。軽くてヘッドランプの中ではデザインもお洒落で、 なかなかの優れものだと思います。夜に洗濯物を干したり読書したりするとき非常に重宝します。 装着時シロッコのヘアバンドみたいな見た目のかっこ悪さ(?)はこの際捨てて。

続きを読む

2005年01月19日

PILOT HI-TEC-C KNOCK・S

PILOT HI-TEC-C KNOCK・S

 パイロットから出ているノック式ボールペンです。
 昔から「ペン先は細ければ細いほど良い」主義だったので、極細とか超極細という言葉にめっぽう弱いです。中でもこれは、ペン先0.3mmで 「手帳に書く小さい文字が書きやすい」とのことだったので、システム手帳大好き人間としては即買いました。

 実を言うとその前にペン先0.4mmタイプも持っていたんですが、 なぜかそれほど愛用するまでに至りませんでした(^^;)

 ところがこれはスゴイ。ペン先の細さもさることながら、書き味がとてもイイ!!です。 インクの黒は少し薄めですが、運筆がなめらかで紙の抵抗がほとんどありません。ボールペンでは、この「紙の抵抗が少ない」 というのはポイント高いと思います。インクの詰まりもないし、かすれることもありません。
 在宅のPC仕事では、必ず内容をメモしながら作業をするのですが、それにも使いやすく逆に仕事がはかどるようになった気が、、 気のせいじゃないといいなあ。

 惜しむらくは、ペン先が少〜しひよわで、 インクを使い切る前にダメになってしまうことでしょうか。でも、ほとんど使い終わる寸前まで十分変わらない書き味だし、 この手の極細ボールペンでは、インクがまるまる残っているのにきちんと出てこないものも多々あることを考えると頑丈なほうかも。

 本体210円に対して替え芯80円はお買い得ですね(^^)。大手の文房具店(丸善、 Usagiyaなど)では必ず見かけますが、書店に併設の文具コーナーなどではあまり見かけません。どこの文房具売り場でも買えると嬉しいなあ。

2/12
先々週Usagiyaに立ち寄った際、リフィルは10日もすれば入荷していますと聞いたので今日の帰りに寄ってみたのですが、 店員さんの手をわずらわせるばっかりで結局入荷はしていませんでした(涙)。注文してきました。10本。

どうやら、新製品のカタログから姿を消しているようで、 あまり数が出ないため入荷もなかなかしないという回答でした。こんなに書き味いいのに……なんで??とりあえず月末には入手できると思います。 リフィル。

続きを読む
posted by Alice at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごあいさつ

ブログを開設したはいいものの、はてさてどうしよう、、 と使いあぐねるままいたずらに時間が過ぎておりました(^^;)。友人からリクエストをもらったことがきっかけで、これをやってみよう! と思って作成したのがココです。

文房具を中心に、自分の身の回りのお気に入りの雑貨を、 大小問わずピックアップしていきたいと思います。更新は不定期になるだろうし、写真を撮るのも下手くそなのですが、ご容赦いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。

posted by Alice at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。